· 

サムティ、22年11月期決算発表を延期 過去の決算を調査

不動産中堅のサムティは16日、同日に予定していた2022年11月期の決算発表を延期したと発表した。過去の決算における連結対象の範囲の判断について会計上の疑義が生じ、調査が必要になったため。延期後の決算発表日は現時点で未定。同日付で外部の弁護士や会計士で構成する特別調査委員会を設置した。

過去の決算においてサムティと取引のあった特定の企業について、連結対象の範囲に入る可能性が確認されたという。その企業とは直近5年間では17年11月期に約13億円、18年11月期に約29億円、19年11月期に約43億円の規模の取引があった。20年11月期以降の取引は確認されていない。

同社は「疑義の解明に向けて全力を挙げて取り組み、過去の決算において修正の必要があれば速やかに対応する」とコメントした。延期後の決算発表日や調査結果については判明後、速やかに公表するとした。