· 

「ナスカの地上絵」新たに168点発見 山形大学、AI活用

調査にはドローンや人工知能(AI)を活用した。

現地の考古学者らとの共同調査で2019~20年に発見した。約3割は人の形をした絵で、ネコ科動物やヘビも見つかった。グループは以前も新たな絵を見つけており、今回で計358点になったという。

調査では、AIが航空写真を解析して絵のありそうな場所を絞り込み、人間が現場で確認した。今後はAIを使って分布規則を明らかにする研究にも取り組むという。

坂井氏は記者会見で、一帯では鉱山関係施設などの開発が進んでいると指摘。「絵と知らずに壊されることもある。観光地化するなどして魅力あるまちにできないか」と述べ、保護が重要だとの考えを示した。〔共同〕