· 

三菱商事、商社初の純利益1兆円超えへ 今期10%増

従来予想を1800億円上方修正した。1兆円を超えれば、総合商社として初となる。

資源高や円安が寄与する。天然ガス事業は価格高騰で26%増の1320億円となる。自動車・モビリティ事業もタイやインドネシアの事業が好調で、25%増の1330億円。電力ソリューション事業は発電資産の売却益が出る。不動産運用会社の売却益840億円も貢献する。

年間配当は前期比5円増の155円と、従来予想から5円引き上げる。700億円の自社株買いをすることも発表。22年11月~23年3月に発行済み株式数(自己株式を除く)の1.5%にあたる2200万株を上限に買い付ける。下期の想定為替レートは1ドル=141円(期初想定は同120円)に見直した。

同日記者会見した中西勝也社長は「為替や資源高といった価格要因の影響を除いた実力値が重要だ。稼いだキャッシュでどのように成長戦略を進めていくかだ」などと述べた。

22年4~9月期の純利益は前年同期比約2倍の7200億円となり、過去最高益を更新した。