· 

オークラ、ベトナムにリゾートホテル 27年にも

日本料理店も併設して旅行者を取り込む。新型コロナウイルス後に向けて移動が活発になってきており、再び海外で投資を積極化させる。

ホテル名は「オークラリゾート&スパ フーコック」を予定する。このほど現地の不動産大手と提携し、運営権を受託した。フーコック国際空港から車で20分の海岸沿いに、新たなホテルを建設する。総客室数は約200室で、6つのレストランや屋外プール、宴会場なども備える予定だ。

フーコック島はベトナム最南端にある島で、最大都市のホーチミン市から航空機で1時間程度で行ける。米マリオット・インターナショナルや英国の「インターコンチネンタル」グループも進出する。政府や財界主導でゴルフ場やインフラなどの整備も進んでおり、新型コロナウイルス前の19年は18年比で27%多い510万人の観光客が訪れた。

ホテルオークラは海外ホテルの運営受託を強化している。「オークラ」ブランドで出店ノウハウを磨き、外資系チェーンと対抗できるように認知度を高める。