· 

不動産協会 菰田理事長

2013年春の日銀による大規模金融緩和を受けて、円安が進行し海外勢が日本のタワマンなどを積極購入した。不動産協会の菰田正信理事長は今回も「外国人が住むか、将来の値上がりを期待した投資目的で購入に動く」との見方を示す。