· 

ニセコ「CO2ゼロ街区」でマンション発売、最高5800万円

8戸を売り出し、最高価格は5800万円。2023年春に着工し、24年春の入居開始を目指す。

販売するのはオール電化の分譲マンション1棟で、木造の地上2階建て。ニセコミライに建てる最初の物件になる。2LDK(約77平方メートル)と3LDK(約97平方メートル)を4部屋ずつ用意した。価格は4900万~5800万円。高断熱設計に太陽光発電パネルを導入し、一般的なオール電化住宅よりも電気料金を半分程度に抑えられるという。

専用サイトから資料を取り寄せて22年12月までに申込書類を提出する。ニセコまちの田中健人取締役は「ニセコ周辺に住む人だけでなく、移住やセカンドハウスとしての需要も取り込みたい。まちづくりへ積極的に参加する人に申し込んでほしい」と語った。