· 

仮想通貨没収へ法改正要綱答申 法制審、犯罪収益巡り

政府は関係法改正案の国会提出に向け準備を進める。

現行法は没収対象を不動産や動産、金銭債権に限定しているが、デジタル化の進展に伴い犯罪収益の形態は多様化。マネーロンダリング(資金洗浄)に仮想通貨などが悪用されることも多い。今後新たな形態のデジタル資産が増えることも想定されるため、要綱では、形態を限定せず、あらゆる犯罪収益の没収を可能とする。