· 

東急不動産 岡田社長

再生可能エネルギー事業への参入が相次ぎ、太陽光発電に適した土地が減少している。農地に太陽光パネルを設置する「ソーラーシェア」(営農型発電)に期待している。

 

東急不動産は埼玉県東松山市で太陽光発電設備を設置した地面を農地として活用する取り組みを進める。岡田正志社長は「太陽光パネルが屋根になれば、働く人の熱中症対策にもなる」と利点を説明する。再エネ発電と農業活性化の両立を図る考えだ。