· 

「難関大以外は偏差値終わり」石原賢一・駿台予備校部長 教育岩盤・漂流する入試 識者に聞く

――2022年の大学入試をどう見ますか。

石原賢一・駿台予備学校進学情報事業部長

「潮目となった年だと思う。昨年、私立大は新型コロナウイルス禍で志願者数が15%減ったが、元に戻る気配が全くない。全国模試で偏差値55未満の中下位層大学では一般入試から総合型選抜(旧AO)、学校推薦型選抜への移行が顕著だった。難関校では一般入試の志願者が増えたが、下位校はほとんど取れていない。総合型や推薦で囲い込みをするしか道はない」

「総合型・推薦は1人1校が原則。合格者は確実に入学してくれる。建前は多様な学生の選抜だが、本音は生き残るための入学者の早期確定だ。他方、一般入試は募集人員を絞って難易度を上げ、偏差値を高めに誘導する。一般入試が機能しない中下位層では偏差値は実態を表していない。あと数年もすれば難関校以外、偏差値は終わりだと思う」

――一般入試離れは大学の都合だけでしょうか。

「親と大学は相思相愛だ。親の意識が大きく変わっている。AO・推薦が広がりだした時代に育った世代なので抵抗がない。予備校が『第1志望を目指し一般入試で頑張れ』と言っても、『自分も妻も推薦だけど推薦はダメなのか』と言われる。厳しい競争を突破して中高一貫の超進学校に入った層と保護者も子どもも二極化している」

「しかも社会が成熟し、スポーツ選手や芸能人にでもならない限り、普通の仕事で一獲千金という話はなくなった。無理して難関校に行っても、人生そんなに変わらないとみんな思っている。それが社会の空気だ。だから無理はしない。でも、今の時代、大学ぐらい出ていないと就職は厳しいからと考え、身の丈に合う大学に行こうとする。夢を与えられない社会。これは大人が悪い」

――そうした風潮をどう見ますか。

「単なる安全志向は止めた方がいい。どこであれ、やりたいことがしっかり学べる大学ならばよいが、そうでないとまずい。『たまたま私立の有名大学の一つに総合型・推薦の枠が残っていた』というような進路選択は絶対に避けるべきだ。総合型・推薦は夏ごろには志望校を絞るので、ミスマッチが起こりやすい」     

「今は入れる大学、行ける大学を優先する層が増えている。大学側も国公立と私立の上位100校程度、それに医学部など看護医療系以外は選抜機能を失っている。特に私立文系は深刻だ。だが30年代に大学の大量破綻時代が始まると、大学に見切りをつける層も増える。そんな風潮は崩れるだろう」

(聞き手は横山晋一郎、橋爪洸我)

いしはら けんいち 京都大工学部卒。1981年駿台予備学校入職。高卒クラス担任などを経て2017 年、駿台教育研究所進学情報事業部長。22年から現職。