· 

大和ハウス、 戸建て全現場にウェブカメラ 業務効率化

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF177WC0X10C22A2000000

 

現場監督が現地に行かなくてもカメラを通じて工程の進捗を確認したり、安全指示を出したりできるため、業務の効率化につながる。

年間約7000棟の現場に、規模に応じてカメラを1~2つずつ設置する。現場監督は複数の現場を兼務していることが多く、車などで巡回する移動が負担になっていた。本社や支社などにある遠隔管理拠点を通じ、カメラを活用して作業員とコミュニケーションをとりながら工程確認などができるようにした。住宅メーカーが戸建ての工事現場すべてにカメラを導入するのは珍しいという。