· 

「ヨーカ堂売却を」 物言う株主、セブンに要求

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO80020680Z00C22A2TB1000

 

改革を実行した場合、セブン&アイの株価を2倍以上に高められ、1株利益(EPS)は40%改善すると主張している。

具体的には、セブン&アイが売却に向けた調整を進めているそごう・西武について、「経営陣がセブンイレブンに集中できるよう早期に100%の売却を完了させることが最重要課題だ」とした。

祖業でもあるイトーヨーカ堂については、セブン&アイはアパレルや専門店のテナント事業の経営者としては不適格と指摘。売却や独立などによりヨーカ堂は食品小売事業に集中し、不動産管理などは別の企業が運営するのが最適だと説明している。