· 

飯田GHD、ロシアの木材企業600億円で買収 加工販売も

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC065ES0W1A201C2000000

 

「住宅の安定供給に貢献するだけでなく、巨大な二酸化炭素(CO2)吸収源を手に入れることになる」。

同日の記者会見で飯田GHDの森和彦名誉会長は買収の意義を強調した。

RFPはロシア東部のハバロフスクを拠点とする企業。

保有する森林の面積は約400万ヘクタールと九州地方とほぼ同等の広さで、飯田GHDによると国内の住宅メーカーによる森林取得では過去最大だ。