· 

増える単身世帯、消費も変化

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO78171500V01C21A2M10900/

 

日本では2040年、全世帯の39.3%が一人暮らしになる。行政には孤独への対策が一層求められそうだ。

消費のかたちを変えていく可能性も高い。変調の象徴的な動きは、例えば「日本の国民食」とも呼べるカレーの売れ行きから見て取れる。

スーパーでの売れ行きを分析すると、2017年に「レトルトタイプ」が「カレールー」を上回った。

レトルトブームの広がりだけでなく、背景には単身世帯が増えて「孤食」が広がったことがある。