· 

三菱地所、甘いミニトマトを販売 専業と資本提携

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC193YB0Z11C21A0000000

 

19日、同社が実施した第三者割当増資の一部を引き受け、資本提携したと発表した。

 

三菱地所は施設型農業大手のサラ(岡山市)に出資するなど農業事業に力を入れている。

 

効率が高い施設型農業は成長が続くとみて、10年後に約300億円の売上高を目指す。

 

三菱地所は18年のメックアグリ設立を機に農業事業に参入した。

 

20年にはトマトやレタスなどを栽培するサラと資本提携を結んだ。

 

IT(情報技術)を使った安定供給のノウハウを取り込み、海外も視野に生産施設を広げる計画だ。