· 

大林組、「宇宙エレベーター」実現へ材料検証進める

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC164C90W1A910C2000000

 

カーボンナノチューブ(CNT)を大気圏に長期間置くと損傷することが明らかになったため、金属やケイ素で表面を保護したCNTを検証中だ。

2021年中にも結果が分かる見通しで、損傷がなければCNTの利用にメドが立つ。

現在掲げる「50年の運用開始」との目標に一歩近づくことになる。

宇宙エレベーター構想は全長9万6000キロメートルにもなるケーブルを使い、地球と宇宙とをつなぐ。大気圏を突き抜けて伸びるケーブルを、クライマーと呼ぶ車輪の付いた昇降機が伝い、物資や人を運ぶ。